FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

保険の営業中、スーツのままロウソク調〇 会社に電話しながらフェラチオ+蝋燭垂らしで絶叫+口内発射 ボーナス映像「マゾマスクトイレフェラ」【個人撮影】ZIP付き



マゾマスクフェラを加えた特別サンプルムービー
蝋燭イラマ マゾマスクフェラsamplemovie.zip



ごく普通の30代の主婦がご主人様の命令に服従する下僕として扱われる様子が綴られてます

30代 子供無し 結婚二年目の電車で四駅隣に住む私の下僕

この人妻はまだ若いだけあって性欲がさかん

どんな時もどんな状況でも私にセックスを求める

そして時にはより刺激的な情事を

今日はそんな日だった

私はそんな午後に下僕を呼んだ

そんな午後

左手には結婚指輪が輝いている

ラブホテルの一室

午後の自然光を受けて光っている

黒い上下のタイトスーツでソファに座っている下僕

「今日は保険の営業の外回りの途中です。なので、こんな恰好してます」

社会人として人妻として落ち着いた恰好


1_R.jpg



黒のタイトスーツが不倫の雰囲気を増長させる

「仕事もサボって旦那さんにも嘘ついて昼間っから不倫しちゃってます」

笑いだす下僕

「今日は、ご主人様の命令でノーパン、ノーブラで来てます」

そう言ってジャケットを脱ぎだす

忠実に私の命令を実行する

優等生であり理想的な下僕だった

ワイシャツから美乳が見える

2_R.jpg



仕事中もノーパン、ノーブラ

大人のエロスがそこにはあった

そしてスカートを下す

綺麗な陰毛 膣

3_R.jpg



予想はしてたが厭らしい光景だった

マンコ 胸 接近して凝視した

4_R.jpg



さすがに恥ずかしそうな下僕

自ら後ろを向いてくれる

お尻

小柄だが張りがある そして日焼け跡

旦那と一緒に海水浴 想像に難くない

5_R.jpg



午後

そんな彼女に私は今日の指示書を渡した

6_R.jpg



「スーツ姿のままイラマチオ、蝋燭」

「え?蝋燭って。蝋燭を垂らすんですか?」

私は頷いて実際に赤い蝋燭を見せた

さすがに驚く人妻

「それはダメですよね。無理ですよね」

「痕とか残るよね。ちょっとこれは無理かも」

7_R.jpg



「ええ、どうしようかな?例えばティッシュの上から垂らすとか?

そういうのでもいいですか?それなら痕も残らないですよね」

「旦那にもバレないと思うんですけど」

かなり抵抗がある様子の下僕だった

「ティッシュの上からならOK」

私も彼女も同意した

そして調〇が始まった

「ご主人様のオチンチン、いただきます」

手コキをしてくれる

フェラチオ

「ご主人様のオチンチン、凄く温かいです」

亀頭の先 舌で舐めてくれる

8_R.jpg



唾も多めに出す

そして竿 上下運動

彼女のフェラチオテクニックは一流だった

「ご主人様のオチンチン、凄く美味しいです」

手コキとフェラチオを同時にしてくれる

優等生

フェラチオ独特の音が室内に響く

「おチンチン、大きくなってきちゃいました」

「大きいおチンチン、舐めれて幸せです」

さらにしゃぶってくれる

私は彼女の頭をチンポに押し付けた

イラマチオ

9_R.jpg


10_R.jpg



さらにグリグリと押し付ける

手を放すとむせ返る人妻

さらに身体を私は反らした

そして金玉袋の頭を押し付ける

11_R.jpg



フェラチオ

私はメス犬を休ませなかった

12_R.jpg



連続イラマチオ

さっき以上にむせ返る人妻

「おチンチン、喉の奥まできて、凄い苦しいけど幸せです」

どこまでも忠実だった

私は素直に嬉しかった

「唾がいっぱい、出ちゃいます」

私のチンポは文字通りに彼女の唾でベトベトだった

「この大きいおチンチン、乳首に押し付けてもいいですか?」

私はもちろん頷いた

私のチンポを使って自ら乳首を弄っていく

13_R.jpg



厭らしいメス犬

乳首をチンポで擦っていくと漏れる喘ぎ声

「凄い、気持ちいいです」

「ご主人様のオチンチンで私の乳首まで立ってきちゃいました」

「乳首が凄い立って、コリコリしちゃいます」

自分が感じるように器用にチンポを擦りつける

14_R.jpg



セックスのセンス

下僕のセンスがある

そんな午後

「凄い、気持ち良くて感じちゃいます」

「ご主人様のオチンチンで凄い気持ちよくなっちゃいます」

「ご主人様のオチンチン、気持ちよすぎるのでまた、舐めていいですか?」

私はもちろん頷いた

そしてフェラチオ

16_R.jpg



献身的に舐めてくれる

舐める時の唾の音が心地いい

しゃぶる速度も変えてくれる

理想的な下僕だった

イラマチオとフェラチオを繰り返す

17_R.jpg


18_R.jpg





肛門舐め 金玉袋舐め

19_R.jpg



全てを網羅する

「ご主人様のオチンチン、舐めてたら熱くなってきちゃいました」

そう言ってジャケットを脱ぐ人妻

さらにイラマチオとフェラチオの繰り返し

私は指示書の調〇を開始した

彼女のワイシャツの腕をまくり ティッシュを置く

準備は整った

「本当にやるんですか?」

私は小さく頷いた

「でも、ちょっと怖いです」

私はロウソクに火をつけた

20_R.jpg



そしてティッシュの上から蠟を垂らす

当然、熱がる人妻

「凄い、熱いです」


21_R.jpg


22_R.jpg


23_R.jpg



それでもフェラチオを再開する

やはり優等生

動悸が乱れた状態でのフェラチオ

勢いが増す

24_R.jpg



「何か、凄い変な感覚がします」

しゃぶり続けるメス犬に私は携帯電話を渡した

会社に電話するように命じた

25_R.jpg



「あ、もしもし私です。ちょっとすいません。はい。トラブルに

なってしまって」

私は彼女の腕にロウを垂らした

26_R.jpg



嬌声を我慢する

「ああ、なんでもないです。すいません」

「はい。大丈夫なんですけど、大丈夫じゃないって言うか」

必死に誤魔化す人妻

27_R.jpg



「すぐには戻れないかも知れないです」

さらに腕にロウを垂らす

声が出る 

「そうなんですよね。すいません。はい、色々ありまして

すいませんでした。」

28_R.jpg



慌てて電話を切る人妻

かなり動転している

「凄い、熱いです」

そして

しゃぶり出した

私が射精したいのを見越して

そんなフェラチオの速度だった

29_R.jpg



手コキを交えて舐めていく

「ご主人様の精子、お口にください」

30_R.jpg



さらに高まるフェラチオ

口内射精

口からチンポを放す

手のひらに私の精子を吐き出す

右上のティッシュの上には赤いロウの痕

31_R.jpg


32_R.jpg



調〇は終わった

「精子が奥に出たので少し飲んじゃいました」

セックスより激しい快感だった

【ボーナス映像 マゾマスクトイレフェラチオ】

33_R.jpg


34_R.jpg


35_R.jpg


36_R.jpg


37_R.jpg


38_R.jpg


39_R.jpg


40_R.jpg


41_R.jpg


42_R.jpg


43_R.jpg


44_R.jpg


45_R.jpg


46_R.jpg


47_R.jpg


48_R.jpg


49_R.jpg


50_R.jpg


51_R.jpg




そんな午後

普通の主婦を平日の午後に自分のものにしていく様子

私の命令に従ってペットと化す様子をおさめています

ZIPが付きます


動画サイズ:1920×1080

時間:33分56秒



保険の営業中、スーツのままロウソク調〇 会社に電話しながらフェラチオ+蝋燭垂らしで絶叫+口内発射 ボーナス映像「マゾマスクトイレフェラ」【個人撮影】ZIP付き



販売作品の一覧はこちらです
【人妻略奪NTRの販売ページ】


PR動画はこちらからご覧いただけます
【人妻略奪NTR PR動画.zip】
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメント

非公開コメント

プロフィール

人妻略奪NTR

Author:人妻略奪NTR
素人の不倫願望が強い人妻をメス犬ペットにするのが快感です

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。