FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旦那のパジャマを着てスマタ中に突然、生挿入中出し 唾液だらけのチンポを何度も騎乗位挿入 セックス中に旦那に電話「貴方のパジャマって着心地いいんだね」【個人撮影】ZIP付き

ごく普通の30代の主婦がご主人様の命令に服従する下僕として扱われる様子が綴られてます

30代 子供無し 結婚二年目の電車で四駅隣に住む私の下僕

この人妻はまだ若いだけあって性欲がさかん

どんな時もどんな状況でも私にセックスを求める

そして時にはより刺激的な情事を

今日はそんな日だった

私はそんな午後に下僕を呼んだ

そんな午後

左手には結婚指輪が輝いている

1_R.jpg



ラブホテルの一室

午後の自然光を受けて光っている

ベッドの上に黄色い下着をつけて座っている

いつもの笑顔

愛くるしい小柄な体

2_R.jpg



「今日のホテルは私の職場から凄い近いところにあります。なので

凄いドキドキしています。出る時とか、入る時、同僚に見られたら大変です」

不倫を楽しんでる口調

「不倫ってドキドキしますけど、その分、スリルありますよね。でも楽しんじゃってます」

3_R.jpg



予想通りの結果だった

そんな彼女に私は今日の指示書を渡した

「旦那のパジャマを着てスマタと騎乗位を繰り返す」

「かしこまりました」


4_R.jpg



相変わらず素直な下僕だった

そして下着を脱ぎだすメス犬

ブラジャーを外す

美乳

5_R.jpg



パンツを脱ぐと

適度に整えられた陰毛

全裸のメスブタ

旦那のパジャマを羽織っていく

やはり男性のものなので大きい

「大きい」

笑いながら着ていく下僕だった

午後

「旦那が仕事してる時に旦那のパジャマを着て、他の男の人と

エッチするなんて私って悪い女ですよね」

6_R.jpg



ただ楽しそう

「今日は炎天下で、ご主人様が汗かいちゃったから私が舐めて

綺麗にしてあげますね」

どこまでも忠実な下僕だった

私はベッドに横になった

乳首を舐めてくれる

7_R.jpg



舌で私の汗をぬぐい取ってくれる

優等生

「ご主人様の乳首、立ってきちゃいました」

そして反対側の乳首を舐めてくれる

8_R.jpg



「舐めづらいので下を脱いじゃいますね」

そう言って下のパジャマを脱ぐ

私を興奮させているのか?

9_R.jpg



そして金玉袋を舐めてくれる

舌を使って金玉を吸盤してくれる

心地いい

私の金玉袋が彼女の唾液だらけになる

「ご主人様の金玉、美味しい」

人様の奥さんの発言だからいい

10_R.jpg



口の中で私の金玉を転がしてくれる

理想的な下僕だった

「スマタが出来るようにいっぱい唾、垂らしますね」

そう言って上から大量の唾を垂らす

11_R.jpg


12_R.jpg



そして手コキ

さらに唾だらけになる私のチンポ

クチュクチュ音が室内に響く

「ヌルヌルになっちゃいました」

そしてスマタ

指示書の通りに実行してくれる

13_R.jpg



優等生

膣の割れ目にチンポを挟んで前後運動

14_R.jpg



「ご主人様。唾でグチュグチュになったチンチン、擦れて気持ちいい」

「ご主人様のチンチンがクリトリスに擦れて気持ちいいです」

15_R.jpg



前後運動は続いていく

喘ぎ声も出始める

「ご主人様。もう私のオマンコはグチュグチュです。一回みてもらっていいですか?」

16_R.jpg



私は小さく頷いた

M字開脚になる人妻

17_R.jpg



そして自らオマンコを開く

やっぱり濡れている

18_R.jpg



私は異常に興奮した

正常位生挿入

19_R.jpg



衝動的にセックスしていった

「ご主人様、ちょっと約束が違いますよ。おチンチン入っちゃって

ますよ」

20_R.jpg



その通りである

「けど、そういう意地悪なところも好きです」

私はピストン運動を続けていった

「ご主人様。もう一回、スマタさせてください」

21_R.jpg



望んできた人妻

私は一旦、チンポをマンコから抜いた

再び覆いかぶさってくる若妻

そしてスマタ

旦那のパジャマを着て前後運動していく

クリトリスにチンポが当たっていく

22_R.jpg



心地いい

「ご主人様、もう私が我慢できなくなっちゃいました。ご主人様の

オチンチン、オマンコの中に入れちゃいますね」

23_R.jpg



再び望んできた人妻

騎乗位生挿入

嬌声

上下ピストンしていくペット

24_R.jpg



部屋の空気が一気に熱くなる

チンポがマンコに入る音が室内に響く

25_R.jpg



厭らしい不倫の音だった

「ご主人様。オマンコが凄い厭らしい音、たててます」

「気持ちいい」

私のチンポが子宮の壁にまで到達している

26_R.jpg



横ピストン

ローリング

全てを入れて腰を動かしていくメス犬

27_R.jpg



優等生

抜いたチンポをフェラチオ

唾液で伸ばして手コキ

28_R.jpg



凄い音が響く 

さらにフェラチオ

「ご主人様のオチンチン、お汁とオマンコの味がします」

29_R.jpg



「ご主人様の硬くなったおチンチン、舐められて凄い幸せです」

私は衝動的にお尻を彼女に向けた

阿吽の呼吸で肛門を舐めてくれる

30_R.jpg



優等生

奥さんが他の男の肛門をなめてくれる

興奮する

「お尻も唾液でグチュグチュになっちゃいました」

器用に下に回って金玉も舐めてくれる

31_R.jpg



「ご主人様。もう一回、私のオマンコにチンチン、入れてもいいですか?」

32_R.jpg



私はもちろん頷いた

再びの騎乗位生挿入 

濡れ切ったマンコだった

嬌声が漏れる

喘ぎ声がこだまする

「ご主人様の唾液でグチュグチュになったチンポ、凄い気持ちいいです」

「勝手に腰が動いちゃいます」

33_R.jpg



ピストン運動を自らしていく人妻

私も下から激しく突いていった

「そんなに下から突いたらイッチャイマス」

絶叫

昇天

小柄な体が痙攣する

34_R.jpg



激しく息を切らす人妻

そんな彼女に私は携帯電話を渡した

旦那に電話するペット

「もしもし。うん。まだ家。まだ着てるよ。しょうがないじゃん。

全部、洗濯しちゃったんだから」

35_R.jpg



どうやら旦那のパジャマを着てる言い訳をしているようだ

「でもさ。貴方のパジャマって結構、着心地いいんだね」

「うん。凄い気持ちいい」

私は下から激しくピストンしていった

漏れる喘ぎ声を必死に我慢する

「だって、何か肌にピタって。もちろん大きいけど。」

36_R.jpg



旦那との日常会話がそこにあった

「凄い気持ちいいの。ちょっと勘違いしないでよ」

私のチンポはしっかりとマンコに挿入されている

「そんな。一人でやったりしてないよ」

時折漏れる喘ぎ声か?

尚も私はピストンしていった

「ああ、じゃあ帰りについでに買って来て」

私は彼女の乳首をつまんでいった

そしてピストン

「ダメじゃないよ。ごめん。そうだね。じゃあ取り合えず一回切る」

慌てて電話を切る人妻だった

完全に声が漏れていた

「あぶない。あぶない」

そしてセックス

「旦那のパジャマを着たまま、ご主人様の精子、マンコの中にください」

私は下からピストンをしていった

37_R.jpg



絶叫

大絶叫

38_R.jpg



膣内射精

ありったけの精子を膣内に注入する

チンポをマンコから引き抜く

垂れ落ちる精子

ベッドに倒れ込む人妻

39_R.jpg



40_R.jpg



満足げな表情で

そんな午後

普通の主婦を平日の午後に自分のものにしていく様子

私の命令に従ってペットと化す様子をおさめています

ZIPが付きます


動画サイズ:1920×1080

時間:30分20秒



旦那のパジャマを着てスマタ中に突然、生挿入中出し 唾液だらけのチンポを何度も騎乗位挿入 セックス中に旦那に電話「貴方のパジャマって着心地いいんだね」【個人撮影】ZIP付き





販売作品の一覧はこちらです
【人妻略奪NTRの販売ページ】

PR動画はこちらからご覧いただけます
【人妻略奪NTR PR動画.zip】
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメント

非公開コメント

プロフィール

人妻略奪NTR

Author:人妻略奪NTR
素人の不倫願望が強い人妻をメス犬ペットにするのが快感です

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。