FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クラブ活動を直前でキャンセルした女教師に中出し スーツのまま淫乱落書き+セックス中に同僚の先生に電話 「今日はクラブ活動変わってもらってありがとうございます」【個人撮影】ZIP付

ごく普通の40代の主婦がご主人様の命令に服従する下僕として扱われる様子が綴られてます

連絡は夜分に来た

「中○校で国語の教師をしています」

「子供も旦那もいる40代の主婦です」

「子供もある程度、手のかからない年齢になってきました」

「旦那も教師なので職場結婚でした」

「正直、学生時代からあまり恋愛経験もなしで結婚してしまいました」

「文学が好きだったせいもあって今でも官能小説や妄想的な趣味は存在します」

「貴方の趣旨に共感しました。下僕と言う言葉は正直あまり好きではありません」

「奉仕すること私の持ってる女の性を前に出すことでほとんど経験のない

セックスのレベル、女としての快楽のレベルを上げていきたいです」

掲示板での応対だった

さすが現役の国語教師らしく非常に語彙の豊かな人妻

それが第一印象だった

そして午後

ラブホテルに先生を呼び出した

グレイのタイトスーツ

1_R.jpg



彼女にとっては仕事着

これが教師 聖職者の恰好だ

指には当然のように結婚指輪が光っている

「今日も会いに来ちゃいました。ご主人様。最近、子供がお化粧したいって

言い出しちゃって。まだ小〇生なんで早いって気がするんですよね」

相変わらず高音で女らしい声だった

「それでも、やっぱり女はいくつになっても女なんですかね?」

「って言うか、私の子供だからですかね?」

自嘲気味に語る人妻

「でも今度、可愛いリップでも買ってあげようって思ってます」

私は無造作に今日の彼女の下着をチェックした

2_R.jpg


3_R.jpg



恥ずかしがる先生

「そんな覗き見るなんて、はしたないですよ」

生徒を叱るようにアヤス教師

そんな彼女に私は今日の指示書を渡した

4_R.jpg



「スーツのまま身体中に淫乱落書きされてセックスする」

「かしこまりました」

大人の女が素直に受け入れるのが厭らしい

「ご主人様が落書きしやすいように脱ぎますね」

5_R.jpg



そう言って服を脱ぎだす人妻

黒のグレイの下着が見える

熟女にはよく似合う

下は全裸 上はスーツのまま胸を見せる

6_R.jpg



指示書の通りにスーツの下が全裸になる

優等生

「え、オマンコを広げてくれ?」

私は即座に頷いた

「もう。スケベですね。ご主人様」

そう言いながらもM字開脚になってオマンコを広げる

7_R.jpg



大人の女のいいところは寛容的なところ

まさに彼女がそうだった

午後

私はマンコに接近した

「凄い近くて恥ずかしいです」

8_R.jpg



「これが現役の教師のマンコです」

これほど興奮するセリフがあるだろうか?

私は予定通りにマジックを手に取った

そして落書きした

「スケベ」

「メス犬」

「チンポ」

10_R.jpg



「マンコ」

9_R.jpg



「メスブタ」

楽しそうに見つめているメス犬

まんざらでもない様子

「ご主人様にこんな風に書かれて興奮してきちゃいました。

アレ、貸してもらえますか?」

身体中、淫乱落書きされた熟女が求めた

11_R.jpg



私は彼女お気に入りのピンクローターを手渡した

「オナニー好き」

私は落書きを付け加えた

ローターのスイッチが入って自慰行為が始まった

自分流に身体を撫でていく

私の書いた落書きを楽しむように撫でていく

12_R.jpg



ローターが股間に当たる

僅かに漏れだす喘ぎ声

クリトリスに当てていく

自分の身体をよく知っているオナニーだった

身体がゆっくりと揺れていく

13_R.jpg



「凄い気持ちいい」

さらに悶える熟女

徐々に大きくなる喘ぎ声

14_R.jpg



「ご主人様、イッチャウ」

昇天

痙攣する細身の身体

満足気な表情

全てが不倫の要素を含んでいた

まだ止まらない息遣い

15_R.jpg



私はそんな彼女に携帯電話を渡した

「え?今」

驚く彼女

そして娘さんに電話する

「もしもし。真理ちゃん。まだママちょっと、外なんだけど」

16_R.jpg



私はローターのスイッチを再び入れた

そして彼女の股間に押し当てた

当然、漏れる喘ぎ声 必死に我慢する

「今、どこにいるのかな?」

なんとか会話を続ける先生

17_R.jpg



「うんとね。ママ、今、マッサージ屋さんにいるの。凄い気持ち良くて」

ローターの振動音を何とか誤魔化す人妻

私はローターを膣の中に入れた

それでも会話を続ける先生

優等生

「え、図書館に向かってるの?珍しいね。何?読みたい本があるの?」

私は足で股間を刺激していった

「滅多に行かないからママ、感動しちゃった」

18_R.jpg



膣内のローターがさらに刺激されるのか?身体が動く人妻

「今、ちょっとマッサージで押されているからね。うん。ここから出たら

また電話するからね。はーい」

何とか電話を切る先生

それと同時に私は激しく足でクリトリスを刺激していった

一気に昇天

改めてローターを膣から抜き取る

愛液がベットリとついている

不倫の瞬間だった

「もう、ご主人様ったら。悪戯ばっかりするんだから」

19_R.jpg



すねた熟女がいた

「ご主人様、おチンチン、しゃぶらせてもらってもいいですか?」

私はもちろん頷いた

そして教師をベッドまで連れてきた

私はベッドに横になった

亀頭を愛撫する

「メス犬、ペット、下僕」

竿から亀頭を丁寧にフェラチオする

20_R.jpg



心地いい

四つん這いのメス犬がしゃぶってくれる

「ご主人様、袋も舐めていいですか?」

私は大きく頷いた

そして身体を反らす

金玉を口の中で転がしてくれる

吸盤してくれる

優等生

「娘がこんな姿見たら、何を思うでしょうね?」

21_R.jpg



さらにフェラチオ

22_R.jpg



私は彼女の頭を押さえ付けた

激しくグリグリとチンポに押し付ける

イラマチオ

手を放すとむせ返る人妻

連続イラマチオ

23_R.jpg


24_R.jpg



それでもチンポを必死に咥えこむ

午後のラブホテルの静寂

不倫は続いていく

25_R.jpg



フェラチオとイラマチオを繰りかえす

フェラチオの音 唾とチンポが接する音

断続的に部屋に響いている

26_R.jpg


27_R.jpg



「こう見えて生徒の前では真面目なんですよ。信じられないでしょうけど」

厭らしい先生だった

時はきた

「オマンコにチンポ入れてもらっていいですか?」

28_R.jpg



当然、先生も求めてきた

指示書の通りに彼女を正常位に寝かせた

スーツのまま正常位生挿入

29_R.jpg



濡れ切った熟女のマンコだった

ゆっくりとピストン運動

嬌声

落書きされた体が揺れる

30_R.jpg



「おチンチン、気持ちいい」

「裸に落書きされて、セックスすると自分が本当に

変態になった気分になります」

私はピストンに緩急をつけていった

軽い昇天

私はもう一度、彼女に携帯電話を渡した

しつこいくらいに調○していく

「今、ですか?」

私は大きく頷いた

次にかける相手は学校だった

「あ、もしもし。山田です。今日はクラブ活動変わってもらって

ありがとうございます。ちょっと確認したいことがあって電話したんですけど」

31_R.jpg



チンポが入るたびに痙攣する

「あ、なんでもないです。生徒達の方はどうですか?」

上手く取り繕う先生

「あ、そうですか。何の問題もなく。私の方も、もう少しで用事が

終りそうなんですよね」

私のチンポは容赦なくマンコに刺さっている

「いえ。何でもないです。今日はクラブ活動変わってもらって本当に

ありがとうございます」

32_R.jpg



声のトーンも先生になっている

セックス中の出来事とは思えない

私は激しくピストンした

喘ぎ声が漏れる

「あああ、何でもないです。特に問題はなく。はい。また明日

よろしくお願いします。失礼します」

慌てて電話を切る教師

危機一髪だった

私はさらにピストンを加速していった

33_R.jpg



また昇天

「酷い、もしバレちゃったらどうするんですか?」

恨めしそうに私を見つめる先生だった

午後

私はそれでもピストンを止めなかった

34_R.jpg



「気持ちいい」

教師の嬌声が部屋にひびく

二人の身体がブツカル音がひびく

「ご主人様、精子をください。私が育てますので精子ください」

旦那のいる奥さんのセリフだった

私はピストンした

絶叫

大絶叫

膣内射精

自分の精子を彼女の膣に流し込む

その感覚が身体に伝わる

チンポをマンコから引き抜く

精子が垂れ落ちる

35_R.jpg


36_R.jpg



シーツにベットリとつく、くらいに大量だった

不倫がおわった

「ご主人様、このままお家に帰ったら旦那と娘にバレてしまうので

洗い流しますね」

そう言って全裸になる

シャワーで全てを洗い流す先生だった

37_R.jpg


38_R.jpg


39_R.jpg


40_R.jpg


41_R.jpg


42_R.jpg



思い出も落書きも記憶も

「これで証拠隠滅できました。やっぱり私は悪い教師、悪い人妻ですね」

そんな午後

普通の主婦を平日の午後に自分のものにしていく様子

私の命令に従ってペットと化す様子をおさめています

ZIPが付きます


動画サイズ:1920×1080

時間 32分34秒



クラブ活動を直前でキャンセルした女教師に中出し スーツのまま淫乱落書き+セックス中に同僚の先生に電話 「今日はクラブ活動変わってもらってありがとうございます」【個人撮影】ZIP付




販売作品の一覧はこちらです
【人妻略奪NTRの販売ページ】


PR動画はこちらからご覧いただけます
【人妻略奪NTR PR動画.zip】
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメント

非公開コメント

プロフィール

人妻略奪NTR

Author:人妻略奪NTR
素人の不倫願望が強い人妻をメス犬ペットにするのが快感です

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。