FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お尻調〇中出し日記 お尻向きの騎乗位で旦那との馴れ初めを語る 生挿入中に旦那に電話 「初めて二人で行ったレストランしばらく行ってないよね」【個人撮影】ZIP付き

この人妻の最近の3作品になります

「野外セックスは快感です」 物干し竿で片足あげ立ちバック+中出し 露出セックス中に上司に電話して昇天 「外でやると異常に興奮しますね」【個人撮影】ZIP付き


【総集編⑥ 91分収録】 30代 子供無し 結婚二年目の電車で四駅隣に住む私の下僕【個人撮影】ZIP付き


旦那のパジャマを着てスマタ中に突然、生挿入中出し 唾液だらけのチンポを何度も騎乗位挿入 セックス中に旦那に電話「貴方のパジャマって着心地いいんだね」【個人撮影】ZIP付き




ごく普通の30代の主婦がご主人様の命令に服従する下僕として扱われる様子が綴られてます

30代 子供無し 結婚二年目の電車で四駅隣に住む私の下僕

この人妻はまだ若いだけあって性欲がさかん

どんな時もどんな状況でも私にセックスを求める

そして時にはより刺激的な情事を

今日はそんな日だった

私はそんな午後に下僕を呼んだ

椅子に座っているメス犬

結婚指輪に黒と白のワンピース

1_R.jpg



短めのスカートから綺麗な足が伸びている

「今日は外が凄い炎天下です。こんな炎天下でも旦那さんは今、仕事に行ってます」

「私は仕事はしてますが合間を見つけて、ご主人様と会って不倫しています」

「悪い女です。でも、そういう自分が嫌いじゃないです。ご主人様がセックスの楽しさと

不倫の楽しさを教えてくれたからです」

「今日はご主人様の命令でこれを持って来てます」

2_R.jpg



そう言ってベネチアンマスクを手に取る人妻

装着

そこにはマスクをつけた不倫願望の若妻の姿があった

「このマスクのおかげで、ちょっとはエッチになりますかね?」

私は即座に頷いた

そんな彼女に私は今日の指示書を渡した

3_R.jpg



「炎天下で汗まみれのまま、パンツを脱いでお尻向きで挿入。旦那との馴れ初めを

言いながらセックスする」

「かしこまりました」

「私、まだお風呂入ってないですけど、いいですか?」

私はもちろん頷いた

立ち上がる下僕

そして脱衣

黄色い下着

陰毛が透けて見える

4_R.jpg



外は炎天下 下着が肌に吸い付いている

5_R.jpg


6_R.jpg



パンツを脱いで下が全裸になる

そして椅子に座ってM字開脚になる

「私の恥ずかしい所、いっぱい見てください」

自らマンコを開くペット

優等生

「汗、かいてるから当然、匂いますよ」

私は彼女のマンコに接近した

そして凝視した

陰毛は多め

7_R.jpg



マンコは子供がいないせいか美しい

午後

「ご主人様に見られてるから濡れてきちゃいました。これ汗じゃないですよ」

彼女の膣が湿っているのが分かる

「クリトリスの皮を剥くので、よく見てください」

「私、もっと興奮しちゃいそうです」

そう言って陰核の皮を剥く

8_R.jpg



極めて優等生

「ご主人様、そんなに見られたら私、興奮しちゃいます。この前、買ってくれた

肌色のやつ、私にください」

求めてきたメス犬

私は彼女に肌色のディルドを渡した

吐息交じりに舐めていく

9_R.jpg



仮想フェラチオ

大きく舌を出して亀頭を舐めだす

「私は、ご主人様の下僕です。ご主人様の命令には何でも従います」

「私をメスブタのように扱ってください」

「今もこの玩具をご主人様のオチンチンだと思って舐めてます」

「ご主人様のオチンチン、凄く美味しいです」

10_R.jpg



マンコ丸見えの若妻が仮想フェラチオ

徐々に奥深く咥えていく

フェラチオの音が室内に響く

厭らしい音だった

「メスブタの私に、ご主人様のオチンチン、しゃぶらせてくださって

ありがとうございます。」

「一生懸命に舐めさせていただきます」

理想的な下僕だった

11_R.jpg



「私、興奮して暑くなってきました。上を脱いじゃいますね」

そう言って上を脱衣する

下とお揃いの黄色のブラジャー

12_R.jpg



そして全裸

さらにお尻をこちらに向けて四つん這いになる

「ご主人様、後ろからもいっぱい見てください」

私の指示書を理解した行動

私は素直に嬉しかった

「そして玩具を私のオマンコにぶち込んでください」

13_R.jpg



求めた若妻

私は肌色のディルドを彼女の膣内に入れていった

ゆっくりとしたストローク

出し入れすぐたびに漏れる彼女の嬌声

「凄い気持ちいいです」

14_R.jpg



連発して喘ぎ声をあげる若妻

オマンコからは当然のようにピチャピチャ音が聞こえる

私は徐々に激しくディルドを挿入していった

15_R.jpg



「そんなに激しくしたら、私イッチャイそうです」

嬌声

「ご主人様、メスブタのお尻叩いてください」

スパンキング

16_R.jpg



さらに興奮するメス犬

絶叫

昇天

17_R.jpg



部屋の空気が一気に濃くなる

震える小柄な身体

「ご主人様のオチンチン、しゃぶらせてください」

18_R.jpg



私は大きく頷いた

そして椅子に座った

フェラチオ

全裸の人妻がチンポを舐めてくれる

19_R.jpg



舌を出して亀頭

竿

奥まで飲み込んでくれる

心地いい

「ご主人様のオチンチン、凄く美味しいです」

20_R.jpg



しゃぶり続けるメス犬だった

手コキとフェラチオをミックスする

唾と擦れたチンポからクチュクチュ音がする

不倫の音だった

午後

21_R.jpg



私は身体を後方に反らした

迷わず金玉袋を舐めてくれる

金玉を口に頬張り転がす

吸盤のように吸っていく

22_R.jpg



最高の下僕

さらに肛門

お尻の穴に舌を入れてくれる

唾が床に垂れ落ちる

23_R.jpg



まさにメス犬と化した若妻だった

さらにフェラチオ

「ご主人様、もう我慢出来ないです。オチンチン、入れさせてください」

24_R.jpg


25_R.jpg



さらに求めてきたメス犬

指示書の通りにお尻を向けての騎乗位生挿入

ヌルっとした感覚がチンポをおそう

ゆっくりと腰を動かす人妻

「奥まで入っちゃいました」

26_R.jpg



騎乗位独特のチンポがマンコの奥まで到達する感覚

心地いい

徐々に加速されるピストン運動

激しく動悸が乱れる下僕

27_R.jpg



身体が熱くなってきているのが分かる

「ご主人様のオチンチンが入っているのが幸せです」

嬌声

チンポが奥にいくたびに上がる喘ぎ声

28_R.jpg



午後

「気持ちよすぎて、このままだったらイッチャイそうです」

加速される腰の動き

29_R.jpg



絶叫

昇天

細かく痙攣する若妻のお尻

30_R.jpg



男女の身体から発する熱気で部屋が暑くなる

そんな彼女に私は携帯電話を渡した

「今ですか?」

私は大きく頷いた

「旦那に馴れ初めを話すんですよね」

31_R.jpg



指示書を理解している

優等生

腰の動きは止めない セックスは継続している

「もしもし。今、大丈夫?ああ休憩中だった?」

32_R.jpg



私はお尻を叩いた

ピシャリと言う音が響く

「ああ、ごめん。分かんない。何の音かな?」

上手に誤魔化す人妻だった

チンポはしっかりと彼女のマンコに挿入されている

33_R.jpg



「そう言えばさ、かなり前だけどさ、付き合うキッカケになったって言うか

紹介してくれた子いたじゃん。」

馴れ初めを語り出す

私は再びスパンキングした

「私の友達で同僚のつながりで紹介してもらって、ご飯行くことになったじゃん。

覚えてる?」

34_R.jpg



「その時もさ、初めて会った日もさ。凄い暑かったよね。今日みたく。」

私は激しく下から彼女を突き上げていった

必死に喘ぎ声を我慢する若妻

「今日、凄い暑いから。なんか出会った日を思い出しちゃって」

平静に会話する

35_R.jpg



セックス中に

「え?私も今、仕事。休憩中。」

私はスパンキングとピストン運動を継続していく

「ううん。何でもない」

演技の上手な下僕だった

「あの時、初めて行ったレストランしばらく行ってないよね。結婚してから

一回も行ってないよね。たまには行きたいなって」

そんな馴れ初めを語っていく

私は上下のピストン運動を適度に入れていった

時折漏れる彼女の喘ぎ声を聴きながら

いつの間にか彼女自ら腰を振っていく

「分かった、じゃあまた、かけ直すわ」

ようやく電話を切る若妻だった

「お尻、叩くのは反則ですよ」

36_R.jpg



おどける下僕

私はさっき以上に下から突き上げていった

「気持ちいい」

いっきに上がる彼女のボルテージ

嬌声

「ご主人様のオチンチン、奥に当たってます」

37_R.jpg



昇天

震える小柄な身体

さらに続くピストン運動

「後ろからだとオチンチンがオマンコに入るところ見えちゃいますね。

凄い恥ずかしいです。でも凄い興奮しちゃいます。」

悶える

「ご主人様、もう我慢できません。このメスブタのオマンコの中に

ご主人様の精子ください」

求めたメス犬

不倫の男女が上下から双方ピストンしていった

絶叫

大絶叫

膣内射精

ドクドクと精子が膣内に流れ込んでいく

独特の感覚がチンポをおそう

チンポをマンコから引き抜く

同時にあふれ出す精子

塊がシーツに垂れ落ちる

38_R.jpg



「ご主人様の精子、中にいっぱい出ちゃいました」

彼女の息が整うには時間がかかった

39_R.jpg



激しい不倫が終った

40_R.jpg



そんな午後

普通の主婦を平日の午後に自分のものにしていく様子

私の命令に従ってペットと化す様子をおさめています

ZIPが付きます


動画サイズ:1920×1080

時間:37分40秒



お尻調〇中出し日記 お尻向きの騎乗位で旦那との馴れ初めを語る 生挿入中に旦那に電話 「初めて二人で行ったレストランしばらく行ってないよね」【個人撮影】ZIP付き




販売作品の一覧はこちらです
【人妻略奪NTRの販売ページ】


PR動画はこちらからご覧いただけます
【人妻略奪NTR PR動画.zip】
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメント

非公開コメント

プロフィール

人妻略奪NTR

Author:人妻略奪NTR
素人の不倫願望が強い人妻をメス犬ペットにするのが快感です

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。