FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国立大学准教授NEWペット人妻 初撮りドキュメンタリー 巨乳熟女に生中出し 「准教授が金玉袋を舐めるなんてツミですね」エロ早口言葉+タンバリンセックスで3連続昇天【個人撮影】ZIP付き

落ち着いた女性からの電話だった

長い間メールでのやりとりが続いていた

実際に会うまでには相当の逡巡があったと予想される

学者としてのキャリア

妻として母親として築き上げた40数年の実績

「不安なんです。女としての自分に」

「女性なのか?あるいは労働者なのか?分からないことがあります」

「学問と結婚したみたいなものです」

「旦那も大学教授。男性も彼しか知りません」

メールも電話のやり取りも理論的だった

哲学を生きる上での体系にした人間の文章だった

そして

今日、性を開放するために来てくれた

彼女が望んで来てくれた

そんな先生の初撮りドキュメンタリー

ドアがノックされて彼女が入ってきた

ゆったりとした動作

1_R.jpg



黒いダークスーツ

風格のある雰囲気

社会的地位の高い女性 そんな形容がよく似合う

午後

「初めまして。私は普段、大学で准教授をしています。結婚していて旦那も

大学で教授をしています。子供も今、サッカークラブに通い出して子育ても

ひと段落しました」

2_R.jpg



「私は昔から勉強しかしてこなかったので何か新しい事を。興味があった性の事を

色々、お話していくうちに。今日初めて、ご主人様に調〇してもらいに

参りました。よろしくお願いします。」

普段は生徒に教壇に立って話している口調。

プレゼンテーションに慣れている学者。

彼女が言った言葉だった

3_R.jpg



「ご主人様とのメールのやり取りで、やることは分かっています。

私の裸を見てください」

4_R.jpg



凄いセリフ。現役の大学准教授のセリフだった。

そう言って脱衣する人妻

服の上からでも巨乳と言うのが分かる

黄色い下着がストッキングごしに見える

上下一緒だった

5_R.jpg



スタイルがいい

ブラジャーを外すと美乳が見える。いや巨乳が。

パンツを脱ぐ

まさしく全裸になった瞬間だった

6_R.jpg



床の上に座る

M字開脚になる

そして自らマンコを開く

「ご主人様、私のアソコ、見てください」

さすがスマートな女性だった

私は凝視した

7_R.jpg



整えられた陰毛

准教授のマンコを凝視した

子供がいるにしては綺麗なマンコだった

「こんなことが大学に知られたら大変です。ご主人様」

その通りだった

「ご主人様、私を調〇してください」

私は大きく頷いた

8_R.jpg



そしてピンクスティックを取り出した

彼女の口に入れる

出し入れ 舌でそれを舐める先生

仮想フェラチオ


9_R.jpg



そして乳首を弄っていく

美しい巨乳に押し当てる

喘ぎ声が出始める先生だった

10_R.jpg



感じやすいのがスグに分かる

さらに乳房を手で揉んでいった

柔らかい

ボリュームのある学者の胸だった

11_R.jpg



午後

「旦那はこんな風には触ってくれません」

欲求不満な人妻がそこには居た

私はガムシャラに胸を揉んでいった

そして

スティックを膣に挿入していった

12_R.jpg



濡れている

出し入れするたびに漏れる喘ぎ声 愛液の音

クチュクチュ音が聞こえる

一気にボルテージが上がるメス犬だった

嬌声

私は段々と激しくスティックを抜き差ししていった

絶叫

「ご主人様、イキソウです」

昇天

13_R.jpg



激しく動悸が乱れる

細かく痙攣する巨乳の身体

スティックを抜くと白い愛液がベットリついている

私はそれを再挿入した

足で固定して彼女にエロ替え歌リストを渡した

「歌います」

メールでやることは伝えてある

優等生

14_R.jpg



「大きなノッポの古チンポ」

「おじいさんのチンポ」

熱唱

私は足でスティックを抜き差ししていった

人妻の歌声にクチュクチュ音が混じっている

厭らしい

私は徐々に激しくスティックを動かしていった

「ああ、またイキソウです」

悶える

15_R.jpg



絶叫

再びの昇天

震える巨乳の身体

午後

そんな彼女に私は「エロ早口言葉リスト」を渡した

さすがに驚く先生

「これを読むんですか?私は国立大学の准教授ですよ」

私は大きく頷いた

「ジャズ、シャンソン歌手。チンポマンコ歌手」

「生麦生米生卵」

16_R.jpg



「生チンポ、生マンコ、生チンポ」

笑っちゃう光景だった

学者が真剣にこれを読んでいる

これが調〇だった

エロ早口言葉を朗読していく

さらに私はスティックを激しく抜き差ししていった

絶叫

当然の昇天

17_R.jpg



3連続昇天した学者だった

身体が紅潮している

火照っている

明らかに興奮している熟女だった

「え?この状態で私に変顔しろと言うんですか?」

私は即座に頷いた

「でも私。准教授ですよ」

私は促した

「分かりました」

「1,2,3.変顔」

18_R.jpg



私はもう一回やるように指示した

さらに

「1,2,3.変顔」

19_R.jpg



滑稽な准教授だった

午後

「ご主人様、凄く意地悪な方ですね。何だかムラムラしてきちゃいました。

ご主人様の身体、舐めてもいいですか?」

20_R.jpg



私は深く頷いた

私は床に横になった

覆いかぶさってくる学者

「主人のは全く舐めてないので、久しぶりです」

乳首を舐めてくれる

吸い付く音がする

21_R.jpg



厭らしい音

「主人の乳首は毛がいっぱい生えてます。ご主人様のは舐めやすいです」

反対側の乳首も舐めてくれる

優等生

22_R.jpg



そしてフェラチオ

いきなり金玉袋を舐めてくれる

心地いい

「主人のこんな所、舐めたことないです」

23_R.jpg



竿を舐めてくれる

上手なフェラチオだった

「主人のチンポより凄く大きいです」

亀頭から竿をまんべんなく舐めてくれる

「私はご主人様のメス犬、下僕、ペットです」

24_R.jpg



しゃぶり続けるメス犬だった

25_R.jpg



「国立大学の准教授が他人の金玉袋を舐めるなんてツミですよね」

「あなた、ごめんなさい」

26_R.jpg



四つん這いの先生が舐め尽くしてくれる

ゆっくりと手コキしていく

クチュクチュ音が聞こえる

「ご主人様、ダメって言われても入れたいです」

27_R.jpg



そう言って跨ってくる

騎乗位生挿入

ヌルっとした感覚がチンポをおそう

28_R.jpg



熟女の濡れ切ったマンコだった

満を持して、ゆっくりとピストンしていく

29_R.jpg



上下運動でセックスが始まった

「主人のよりも凄く大きいです」

30_R.jpg



私のチンポは彼女の子宮の壁にまで到達している

心地いい

「凄く気持ちいいです」

悶える

徐々に腰を激しく動かしていく先生

「ご主人様、またイキソウです」

31_R.jpg



嬌声

昇天

チンポを挿入したまま痙攣する巨乳の身体

午後

32_R.jpg



そんな彼女に私はエロ替え歌リストを渡した

題目は

「誰かさんが、誰かさんが、誰かさんが見つけた」

33_R.jpg



「小さいマンコ、小さいチンポ、小さいマンコ見つけた」

熱唱

私は下から激しく突き上げていった

34_R.jpg



当然の昇天

激しい息遣いの先生


35_R.jpg



私は熟女にタンバリンを渡した

セックス+タンバリンを奏でるコンサート

36_R.jpg



喘ぎ声とタンバリンの共演

さらに私はピストンしていった

37_R.jpg



「ご主人様、子供が出来ても構いません。中に出してください」

絶叫

大絶叫

膣内射精

38_R.jpg



重力に反して精子が登っていく

ドクドクと精子が流れ込んでいく

チンポをマンコから引き抜く

溢れる精子

39_R.jpg



止まらない動悸

「ご主人様、歴史しか勉強してこなかった私ですが、これからも

よろしくお願いします。」

40_R.jpg



初調〇が終った

そんな午後

普通の主婦を平日の午後に自分のものにしていく様子

私の命令に従ってペットと化す様子をおさめています

高画質ZIPでもごらんいただけます


動画サイズ:1920×1080

時間:33分14秒



国立大学准教授NEWペット人妻 初撮りドキュメンタリー 巨乳熟女に生中出し 「准教授が金玉袋を舐めるなんてツミですね」エロ早口言葉+タンバリンセックスで3連続昇天【個人撮影】ZIP付き




販売作品の一覧はこちらです
【人妻略奪NTRの販売ページ】


PR動画はこちらからご覧いただけます
【人妻略奪NTR PR動画.zip】
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメント

非公開コメント

プロフィール

人妻略奪NTR

Author:人妻略奪NTR
素人の不倫願望が強い人妻をメス犬ペットにするのが快感です

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。